外窓交換(カバー工法)

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

通常窓を交換する場合、外壁を壊したり室内の窓枠やクロスなどをやりかえる必要があります。カバー工法なら外壁を壊さず窓を交換できるのでほとんどの場合1日で交換が可能です。古いアルミ製サッシから最新の樹脂サッシに交換すれば断熱効果がアップ。冷暖房が効きやすくなり快適なお部屋に生まれ変わります。

窓のタイプも変更できます

カバー工法なら開かないFIX窓から開閉可能な縦すべり窓、隙間風の入ってしまうルーバー窓から気密性の高い窓など違うタイプの窓に交換することもできます。不便だった窓を手軽に別の窓に交換できるのも魅力です。

カバー工法とは


カバー工法のデメリットは既存の外窓の内側に新設の窓の枠を入れるため窓の開口が狭くなってしまう点です。外壁から内装までリフォームする場合は外窓を取り外して交換をお勧めしますが、窓のみ交換の場合はカバー工法が断然おすすめです。工期は1日程度ですみますし外壁工事や内装工事といった費用も必要ありません。

交換するなら樹脂窓がおすすめ

寒冷地などで使用され、最近では一般地域でも主流になってきている樹脂製の窓。断熱性が高く色も豊富なのでインテリアにも合わせやすい窓です。せっかく外窓を交換するならその効果を実感できる樹脂窓やアルミと樹脂の複合サッシをおすすめします。

YKKAPエピソード

YKKAPのエピソードは室外側にアルミ、室内側に樹脂を組み合わせた高い断熱性能の窓です。

YKKAP樹脂窓

窓すべてが断熱効果の高い樹脂製の窓。国内トップレベルの断熱性能の窓です。

YKKAPトリプルガラス樹脂窓

樹脂製の窓に2層のアルゴンガス層を組み合わせたトリプルガラスを使用。世界トップレベルの断熱性能の窓です。

かんたんマドリモ 断熱窓 | YKK AP株式会社
かんたんリフォームで半日で窓を交換して、住まいの寒さ暑さを解消。窓とドア、インテリアからエクステリアまで、住空間を快適に創造するYKK AP。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする